ハー・マー・スーパースターがUKツアー・デイトを発表! Cult Records社長、ジュリアン・カサブランカスが語るHar Mar Superstarの魅力とは!

『バイ・バイ・17』はカルト・レコーズより発売中


高い評価を受けるシンガー/ソングライター/パフォーマーのハー・マー・スーパースター(akaショーン・ティルマン)は、Yeah Yeah Yeahsとのツアーに続いて、北アメリカをフルにまわるヘッドライニング・ツアーを9月に開始し、その後11月にはUKツアーを行うことが決定した。ニュー・アルバム『バイ・バイ・17』はカルト・レコーズよりリリースされ、幅広い賞賛を受けている。KCRWは「わたしはこのアルバムを“やましい愉しみ”と呼んでいるが、やましい気持ちを感じていることはない」と断言し、またBULLETTは「どうしようもないほどグルーヴィで、蔓延しやすい」と絶賛。さらにStereogramはシングル『lady, You Shot Me』の公式MVを公開し、Death + Taxesはこのシングルを「ハー・マー・スーパースターは今までで最高の楽曲と共に帰ってきた」と讃え、MTV Buzzworthyは「噂の的に値する妄想」と呼んでいる。

―カルト・レコーズの創始者ジュリアン・カサブランカズのコメント―
「初めてショーンを見たのはマーキュリー・ラウンジで、数年前のことだった。あの声、あの自信、あの芸人魂には、本当に圧倒されたよ。最近になって、彼がぼくに新作を聴かせてくれたとき、これを素晴らしい作品に仕上げる手伝いができるかもしれないと感じた。彼は黄金の声を持つ男だ。ぼくらはワクワクしながら、その事実に人々を引きつけようとしている……声だけじゃなく、彼自身にも。このレコードはただタフで、哀愁に溢れ、愉快で、過激だ」

ニューヨーク市で書かれた10曲入りのこのアルバムは、共同プロデューサーであるジム・イーノ/Jim Eno(スプーン)の持つオースティンのスタジオで、フルの生バンドと録音した。今回はこれまで以上にヴォーカルにフォーカスしたのだとティルマンはいう。「そのときぼくはオーティス・レディングとサム・クックばかり聴いていて、すっかり二人の虜になっていた……『Restless Leg』『We Don’t Sleep』『Prisoner』『Rhythm Bruises』は一緒にプレイしていた人たちから刺激を受けて作った楽曲だけど、それ以外の歌は、独りで部屋に籠って、なにやらおかしな様子になっているときに誕生したものだ」

ティルマンは己のきらびやかな分身をハー・マー・スーパースターと名付けた。ミネソタ州セント・ポールの郊外で、映画をみたり、フードコートを行き交う人々を曲に書いたりしながら、青春時代を過ごしていたのだという。「ハー・マー・スーパースターはかつて別人格だった。素敵なことを手に入れて、日常生活から逃げ出すための口実だったというか……ステージに上がって、目茶苦茶やって、喝采を浴びるには、別人格になったほうがやり易かった。ハー・マー・スーパースターで得た自信が、そのうち現実のぼくそのものとなり、今ではすっかり同化したといえるだろう」

ツアー日程はこちら

“Bye Bye 17″ UK tour 2013

November 12thNorwich, Waterfront (studio)
November 13thNottingham, Bodega
November 14thBirmingham, Hare & Hounds
November 15thManchester, Sound Control
November 16thLeeds, Brudenell Social Club
November 17thHull, The Welly
November 18thGlasgow, King Tut’s
November 19thCarlisle, The Brickyard
November 20thBristol, The Fleece
November 21stMilton Keynes, The Craufurd Arms
November 22ndBedford, Esquires
November 25thPortsmouth, Wedgewood Rooms

“BYE BYE 17″ from CULT RECORDS
NOW ON SALE

Release Information

Now on sale!
Artist: Har Mar Superstar(ハー・マー・スーパースター)
Title: Bye Bye 17(バイ・バイ・セヴンティーン)
MAGNIPH
XQJH-1023
¥2,205(tax incl.)
カルト・レコーズ オフィシャル・サイト

MAGNIPH オフィシャル・サイト

コメントを残す