世界が胸をときめかせるはずのポップ・バンド、コンクリート・ナイヴズ、デビュー盤が発売!



ニコラ・ドゥラアイエ(Vo./Gt.)、モーガンヌ・コラ(Vo.)、アドリアン・ルプレートル(Key./Percussion.)、オーギュスタン・オーヴィル(Ba./Vo.)、ギヨーム・オーベルタン(Dr.)からなる、フランス・カーン出身のインディー・ポップ・バンド、コンクリート・ナイヴズ。2007年に結成され、昨年4月にはEP『ユー・キャント・ブレーム・ユース』を発売。


彼らはその年齢からは想像できないほどの優れた芸術性で、聴く者の内に眠る若気に火をつける。鳴り響くギターと巧妙なメロディ、電気を帯びたかのように刻まれたリズム、まとまりのある楽観的なヴォーカル、といったユニークな要素のブレンドで、これまでヨーロッパ中のステージに煌びやかなパフォーマンスで電飾を灯してきた。彼らの演奏を一度でも目にした者は、その心躍る融合の魅力にとりつかれ、目が釘付けとなる。レコード・レーベル、ベラ・ユニオンのオーナーであるサイモン・レイモンドは、初めて彼らを観たときのことを振り返る。「モーガンヌはカリスマ性のあるシンガーで、同じくリード・ヴォーカルであるニコラの声と重なると、これまた彼らの素晴らしくキャッチーなポップ・パンク・ソング達と合うんだよ。去年11月にカナダで初めてモーガンヌのパフォーマンスを観た時、セント・ヴィンセントとデビー・ハリーを思い出したよ。そのどちらか一人だけでもすごいのに、二人が合わさっているなんて、まさにボーナスだろ! バンド全体もすごく感染力の高いエネルギーと楽曲を持っている。それから数ヵ月経って、再び彼らを観に行ったんだけど、記憶に残っていたよりもはるかに素晴らしかった。とにかくうちのレーベルのどのバンドとも違うし、これぞまさに“パーフェクト・ポップ”なんだよ。彼らだったらどんなレーベルとだって契約できたのに、我がベラ・ユニオンを選んでくれたことはとても喜ばしいことだね」。

コンクリート・ナイヴズ/Concrete Knives
『ビー・ユア・オウン・キング/Be Your Own King』
彼らの世界デビュー作となる『ビー・ユア・オウン・キング』は、グループの持つ精神、エネルギー、そして哲学を象徴した内容。「私たちの音楽はそれぞれ独立していて、誕生した瞬間から-多くの場合はニコラの頭からね-それらは時間をかけて解決しなくてはならない謎を持ち合わせている」とヴォーカルのモーガンヌは語る。「曲っていうのは謎めいていて、近づき難い状態で誕生するもので、それの持つ本質に忠実に意味を持たせるっていうのが私たちの仕事だと感じるの」。

“ビー・ユア・オウン・キング(=自身の王になれ)”は、単なるアルバム・タイトルではない。それは姿勢であり、指令であり、自分のやり方で世界に直面するためへの指図であり、自分の野望に気付くことであり、そしてそれらを実施することを心から楽しむことの大切さが込められている。まさにコンクリート・ナイヴズが持つ信念を貫いているアルバムであり、爆発性を持ち合わせ、遊び心のあるフックや力強く響くベース・ラインで、重要なポップ・ポイントを全て掴んでもいる。

「“その時”が訪れた瞬間、それがいつであろうとどこであろうと、私たちは曲を書く」とモーガンヌは、トラックに流れる衝動的で自発的なエネルギーに秘められた訳を語る。彼女はバンドの今後についての意図を、「自分達のであれ他人のであれ、常に“音楽”に度肝を抜かれ続けたい。世界を旅して、その先々で特別な関係を築きあげ、それからいつだって希望を持ち続けていたい」と語る。



Release Information

Now on sale!
Artist:Be Your Own King(ビー・ユア・オウン・キング)
Title:Concrete Knives(コンクリート・ナイヴズ)
Pachinko Records
371 7540




Track List
01. Bornholmer
02. Happy Mondays
03. Brand New Start
04. Wall Paper
05. Africanize
06. Roller Boogie
07. Greyhound Racing
08. Wild Gun Man
09. Truth
10. Blessed


収録曲「ハッピー・マンデーズ」のミュージック・ビデオ



Pachinko Recordsの最新情報は、tumblrにて随時アップデート中!!
PACHINKO RECORDS

コメントを残す