現代マンチェスター音楽の至宝、デルフィックの3年ぶり、 2作目のアルバム2013年1月にリリース!




2010年にリリースされたデビュー盤『アコライト』は全英チャートトップ10にランクイン、ここ日本でもサマーソニック出演などで、着実に人気を伸ばしてきたマンチェスター発の3人組バンド、デルフィック。彼らが、このたびPachinko Recordsに移籍し、2013年1月末にアルバム『コレクションズ』をリリースする予定であることを発表した。ベン・アレン(ボンベイ・バイシクル・クラブ、アニマル・コレクティヴなどを手がける)と、ティム・ゴールズ ワージー (マッシヴ・アタック、LCDサウンドシステムなどを手がける)をプロデューサーに迎え、制作したという内容。エレクトロ、ヒップホップ、そしてハウスが取り入れられた、独特なサウンドに仕上がっているという。現在、アルバムの紹介ビデオが動画サイトにて公開中!そこで、彼らの最新をチェックすべし!


デルフィック:
2008年に、ジェイムス・クック(Vo&B)、リチャード・ボードマン(マルチ・インストゥルメンタリスト)、マット・コックセッジ(G)により英マンチェスターにて結成。翌年には初シングルをリリースし、10年にデビュー盤『アコライト』を発表。ダンス・ミュージックとしては異例の全英チャート初登場トップ10入りを果たすなど、破格の人気を誇っている。日本ではサマーソニックを含め、2度の来日公演を敢行した。


デルフィックの2ndアルバム
『コレクションズ』は、
Pachinko Recordsより2013年1月末に発売予定!


アルバムの紹介ビデオが絶賛公開中!!



Pachinko Recordsの最新情報は、tumblrにて随時アップデート中!!
PACHINKO RECORDS

コメントを残す