UK発のギター・ポップ・バンド、ヴェロニカ・フォールズの2ndアルバムが完成!



不思議な浮遊感のある男女混合ヴォーカル、グルーヴィーなギター・ポップで、2011年にリリースしたデビュー盤が世界的に話題となったロンドン発の4人組バンド、ヴェロニカ・フォールズ。彼らの2ndアルバム『ウェイティング・フォー・サムシング・トゥ・ハップン』が2013年2月にリリースされることとなった。ローリー・アトウェル(スカム、ザ・ヴァクシーンズ、ヤック)をプロデューサーに迎え、前作以上に躍動感のある仕上がりになっているという。現在シングル曲「ティーンエイジ」が公開中。今月末には、この曲のミュージック・ビデオもアップデート予定だ。彼らの弾むサウンドで、一足早い春を感じてみては?


Release Information


2013.2月発売予定!
Artist:Veronica Falls(ヴェロニカ・フォールズ)
Title:Waiting For Something To Happen(ウェイティング・フォー・サムシング・トゥ・ハップン)
Pachinko Records



Track List
01.Tell Me
02.Teenage
03.Broken Toy
04.Shooting Star
05.Waiting For Something to Happen
06.If You Still Want Me
07.My Heart Beats
08.Everybody’s Changing
09.Buried Alive
10.Falling Out
11.So Tired
12.Daniel
13.Last Conversation



アルバムからのリード・トラック「ティーンエイジ」がSoundCloudで公開。


収録曲「マイ・ハート・ビーツ」のミュージック・ビデオはこちら



Pachinko Recordsの最新情報は、tumblrにて随時アップデート中!!
PACHINKO RECORDS

コメントを残す