一昨年のサマソニで話題を呼んだ、N.Y.インディー界の王子、ダーウィン・ディーズの新作リリース!



2010年にデビュー、キュートでインパクト大なルックス同様、キラキラとキッチュ感が混在したダンサブルでローファイなロックを描き、一躍注目を浴びたダーウィン・ディーズの2ndアルバム『ソングス・フォー・イマジネイティヴ・ピープル』が、2013年2月にリリースされる予定だ。マーキュリー・プライズの「最優秀英国アルバム」に選ばれたアルト・ジェイの『アン・オーサム・ウェーヴ』を手がけたことで知られるチャーリー・アンドリューを迎えて制作した1枚。より魅惑的かつスリリングなサウンドに仕上がっており、そこからは未知の領域へ彼が踏み出したことを感じるはずだ。

ダーウィン・ディーズとは:
NY出身のシンガーソングライター。11歳の時にギターを始め、ケミカル・ブラザーズに出会いダンス・ミュージックに没頭。やがてジミー・イート・ワールドを聴き、またロックを志す。のちにMGMT、アメイジング・ベイビーを輩出するブルックリンのウエスレヤン大学で本格的に音楽活動を開始。NMEはもちろん英国最大のラジオ番組BBC Radio 1のゼーン・ロウからも注目を受け、2010年6月にアルバム『ダーウィン・ディーズ』でデビュー。その年のサマーソニックに出演し、話題をさらった。


Release Information

2013年2月 発売予定!
Artist:Darwin Deez(ダーウィン・ディーズ)
Title:Songs For Imaginative People(ソングス・フォー・イマジネイティヴ・ピープル)
Pachinko Records

Track List
01. (800) HUMAN
02. You Can’t Be My Girl
03. Moonlit
04. No Love
05. Good to Lose
06. Alice
07. Redshift
08. Free (The Editorial Me)
09. All In the Wrist
10. Chelsea’s Hotel

オフィシャル・サイトはこちら


Pachinko Recordsの最新情報は、tumblrにて随時アップデート中!!
PACHINKO RECORDS

コメントを残す